検察側の罪人
検察側の罪人
08月24日より上映
CHECK
『犯人に告ぐ』の雫井脩介が2013年に発表した『検察側の罪人』。時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱える問題点に鋭く切り込みながら、登場人物の葛藤を通して「正義とは何か」という人間の根源的命題への洞察をも描き出し、社会派ミステリの最高傑作と高く評価された。その重層的で骨太な物語が、日本最高のスタッフ・キャストによって、ついに映画化!主人公のエリート検察官・最上を演じるのは、木村拓哉。そして最上と対立する若き検察官・沖野には、二宮和也。日本が誇るトップスター二人の競演が、本作で初めて実現した。
STORY
都内で発生した強盗殺人。被疑者の一人は、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。
捜査方針を巡って、対立する二人の検事。法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。
罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官…。正しいのは、どちらの正義か?
(C)2018「検察側の罪人」製作委員会