劇場版トリニティセブン  悠久図書館と錬金術少女
劇場版トリニティセブン  悠久図書館と錬金術少女
02月25日より上映
CHECK
累計280万部を突破したサイトウケンジ&奈央晃徳のコミックを原作にしたテレビアニメーションの劇場版。人間に潜む七つの大罪にまつわる秘奥を極めた魔道士トリニティセブンと魔王候補の少年、春日アラタが、白き魔王が引き起こす世界の危機に立ち向かう。声の出演は「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」の松岡禎丞、『オーバーロード』の原由実。
STORY
世界は不条理に満ちている。そんな世界に抗う“魔王因子”を持つ魔王候補の少年、春日アラタ(声:松岡禎丞)が出会った7人の美少女。それは、人の根源に潜む七つの大罪“傲慢”、“"強欲”、“"嫉妬”、“"憤怒”、“暴食”、“色欲”、“怠惰”の秘奥を極めた魔道士トリニティセブンだった。ある日、アラタはトリニティセブンの1人、浅見リリス(声:原由実)の魔道書“ヘルメス外典”に何気なく手を触れる。その瞬間、眩い光に包まれ、目の前に姿を現す謎の少女。“リリム”という名のその少女は、アラタとリリスを親と慕っていた。だが、その少女の出現と同時に、世界に異変が。目覚める禁忌の“悠久図書館”。そこには、人の手によって造られた錬金術の究極の産物”白き魔王“が封印されていた。“白き魔王”は、真の魔王となるため、アラタとトリニティセブンたちの抹殺を企てる。かつてない強大な力を持つ”白き魔王“を前に、アラタたちを襲う世界の崩壊と絶体絶命の危機。アラタとトリニティセブンたちは、この世界を守れるのか?彼らの最後の戦いが今、始まる!
(C)サイトウケンジ・奈央晃徳/KADOKAWA/トリニティセブンE.A.製作委員会