ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
11月03日より上映
CHECK
人気料理番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一のデビュー小説を、二宮和也主演、「おくりびと」の滝田洋二郎監督のメガホンで映画化。二宮が主人公・佐々木を演じ、山形役の西島秀俊のほか、綾野剛、宮﨑あおい、西畑大吾、竹野内豊らが脇を固める。企画に秋元康が名を連ね、「永遠の0」の林民夫が脚本を担当。
STORY
二宮扮する天才料理人が、歴史の闇に消えてしまった幻の料理の再現に挑む姿を描く。1930年代、太平洋戦争直前に満洲国に渡った天皇の料理番・山形直太朗は、112品目から構成される伝説のフルコース「大日本食菜全席」を考案するが、太平洋戦争の開戦により、その料理は発表されることなく歴史の闇に消えてしまった。それから70年後、どんな味でも再現できる絶対味覚「麒麟の舌」を持ちながら、料理への情熱を失ってしまった天才料理人・佐々木充は、歴史から消えてしまったレシピの完全再現に挑み、レシピに隠されたある秘密に直面することとなる。
(C)2017 映画「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」製作委員会(C)2014 田中経一/幻冬舎