まくをおろすな!
まくをおろすな!
01月20日より上映
CHECK
数多くの舞台に立ってきたふぉ~ゆ~の越岡裕貴が、映画初出演にして初主演!
これまでに培ってきた実力を爆発させる。

ブン太を演じた越岡は、歌、ダンス、アクションはもちろんのこと、飄々としながらも芯の強さ感じさせる演技が光る。
ブン太のバディとなるモン太を演じたのは、「仮面ライダーゴースト」と「魔進戦隊キラメイジャー」で二大特撮もののヒロインを務めた工藤美桜。見事な殺陣と歌唱力を披露している。
そのほか、舞台を中心に活躍している寺西拓人、原嘉孝、高田翔、室龍太らジャニーズのメンバーが勢揃いし、さらには、竹中直人、岸谷五朗といった豪華俳優陣が越岡を支え、作品に迫力と厚みとユーモアをもたらしている。

監督を務めるのは、結成20周年を迎える演劇ユニット30-DELUX(サーティーデラックス)の主宰・清水順二。
同劇団で20年に上演した舞台を原案に映画化した今作で、監督デビューを果たした。
実際の劇場で撮影したミュージカルシーンを差し込むなど、舞台から生まれた作品ならではの試みにも挑戦。新感覚のエンターテインメント作品が誕生した。


STORY
物語の舞台は江戸。実在した有名な人物や歴史に残る大事件を新解釈で描く、歌、ダンス、殺陣満載の超デラックスミュージカル時代活劇だ。
越岡が演じるのは、弱い者を助けるために詐欺師稼業に勤しむブン太こと紀伊国屋文左衛門。心中ブームのせいで大阪を追い出されたモン太こと近松門左衛門とバディを組んで、誰も死なない赤穂浪士の討ち入りをプロデュースすることになる。
しかし、その裏にはとんでもない陰謀がうごめいていて、ブン太とモン太にも危険が迫る──。